「おじゃる丸」名鑑プレゼンツ

「おじゃる丸」キャラクター解説

 
キャラクター
(おじゃるの呼び方)
設定 特 徴 口ぐせ
おじゃる丸
(まろ)
ヘイアンチョウからやってきた
妖精界の貴族の子
基本的に雅でまったり。気持ちを歌や舞で表現することもある。ダダをこねた り女の子に甘えたりするような5歳のお子ちゃまだが、時には恋の指導をすることも。おじゃる丸自身のお気に入りは小町ちゃんが2位、乙女先生が4位だとか (第14S-85)。食べ物ではプリンが何よりも好き(1日1個と決められているほど)。好 きになったのは、月光町に来て間もない頃、ホームシックになったおじゃるを元気付けようと、愛ちゃんが出してくれて食べたのがきっかけ。最初は、見た目の ぷるるんを気持ち悪く思っていたらしい。他に、きらりと光るグッズも好き。でも、小さい頃に庭の池に落ちた体験からお風呂や水は苦手だ。内部が異次元の世 界になっている烏帽子と、おじゃる丸の手となって動く万能のシャクは重要アイテム。ほかに、ひと休みする時などに使う脇息・台座・屏風の3点セットも烏帽 子の中に所有している(台座の畳はウシが編んで作っているらしい)。名字は坂ノ上。田村家に居候中。月1回集まる月光町ちっちゃいものクラブの会長兼会員 ナンバー1番(当初は会長として番号なし。一番最後に入ったという説もあるが…。第11シリーズから再び番号なし、いやあり?お話によって異なるみた い)。ちっちゃいものクラブとは、言ってみれば身内の愚痴こぼし集団で、一応テーマソングもある。なお、おじゃる丸がヘイアンチョウから来たことは、カズ マとトミーしか知らない秘密らしい(謎。ちなみに、冷徹斎はおじゃる丸の過去も未来も占えなかった ○○でおじゃる
○○してたも
おじゃ
まろ
電ボ
(でんぼ)
ヘイアンチョウからやってきた
電書ボタル
坂 ノ上家に代々仕える電ボ一族のホタルで、いつもおじゃる丸と行動をともに している。出会った登場人物をこれでもかというくらい丁寧に説明。探偵姿などに変装して物事に取り組むこともしばしば。また、ホタルの良し悪しの基準にも なるモノマネも一応できる。好物のおにぎりにはうるさく、自分で作っては隠して持ち歩いている。栗まんじゅうもひそかに好き。幼稚園の時に初恋をして以 降、恋多き虫で、いつも振られている(第13-6までに恋の回数が99回だとか)。妄想も多い。第10シリーズでは人間にふんしたテントウムシのテン子か ら生まれて初めて告白されたが、運命の相手と一方的に慕った毛虫のケー子への想いを貫くため、お付き合いを断った。普段は田村家に居候しているが、寝る時 はおじゃる丸の烏帽子の中へ。性別は男、年齢は25歳。自称、特技はモノマネ、趣味は散歩。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー2番(当初は1番。第 11シリーズか ら再び1番、いや2番?お話によって異なるみたい)。電ボ一族のおいちゃんには本名の「サンジュウロウ(第9シリーズからはジュウハチロウとも)」と呼ば れている。ちなみに、アルコール入りの食べ物を食べては酔っぱらい、態度や口調が豹変することも何度か。その時、いつになく強気で、おじゃるのことをグチ りまくったが、当然、酔いが覚めたら覚えていなかった。また、虫たちが疲れを癒す温泉保養施設「ヘイアンチョウハワイアンランド」にも時々行っている。場 所はヘイアンチョウの外れの山の上で、そこからの眺めは抜群らしい。館内には打たせ湯・薬草湯・柚子湯・菖蒲湯・ミルク風呂・砂風呂・泡風呂・蒸し風呂・ 露天風呂などを完備。夕食は一流の料理虫が作った会席料理が味わえるとのこと。ステージ上では生バンドの演奏をバックに、美人のバッタダンサーズによるフ ラダンス、クワガタによるファイヤーダンスなどが催されるという。余談だが、第14S-1では電ボ一族の昇進試験に合格。副一族長補佐というNo.3の地 位に就き、おじゃる丸のもとを離れる決意をするが、おじゃる丸には電ボが必要と悟った後任の電モモが月光町に戻るように直談判。電ボが受け入れなかったた め、電モモ自ら昇進試験を受け、No.2の副一族長になり、電モモの命令によって、電ボはおじゃる丸のもとへ戻された これはこれは○○さま〜
あっぱれ!○○さま〜
○○ですね〜
わたくし
カズマ
(かずま)
田村家の長男 家事手伝いをよくする小学2年生(8歳)。おじゃる丸の良き友で、おじゃる 丸をリュックに入れて遊びに出かけることも多い。何気ない素朴な小石を集めるのが趣味で、同じく小石趣味のユリと小石文通をしている。カズマの小石集め は、5歳の七五三の時に満願神社で拾ったのがきっかけという。最近になってトイレットペーパーの芯も集めだした。サッカー大好き。他に、好きな色は青、好 きな食べ物は焼き芋…。一方、狛犬ツインズなど、犬は大の苦手。幼い頃、お気に入りの帽子を犬に取られそうになったのが嫌いになった理由だとか。学校のク ラス担任は本田一直で、第12S-21から新しいクラス委員長にカズマが選ばれた。一時期、アオベエ・石清水くんと月光町初のアイドルトリオ”月光少年 組”を結成したこともある。また、「将来の夢」を作文にする宿題が出された際、「いろんな仕事がガンガンできるケンさんのようなフリーターを目指したい」 と書いたことも。本名は田村カズマ。ある時、鼻歌で「ツッキーのうた」を作詞作曲。それを気に入った月光町男の子クラブバンド(会長・おじゃる、電ボ、ト ミー、マイク、エド、サム、ピーター、小林茶、カタピー)が演奏を買って出て、月夜ヶ池でカズマが歌を披露したこともある。「♪ツッキー、ツッキー、月 夜ヶ池に、ツッキー、ツッキー、今日も朝が来た。そよそよ風が優しく吹いて、ゆらゆらツノを揺らしてる、うとうと居眠り夢の中には、千年前の仲間たち。 ツッキー、ツッキー、千年前と、ツッキー、ツッキー、同じお日さま笑ってる」。ちなみに、男の子クラブバンドのレパートリーは、それまで「われら月光町 ちっちゃいものクラブ」だけだった。10周年記念の拡大スペシャルでは、超駆け足の滞在だったが、ヘイアンチョウへ初訪問。第11シリーズでは10年に一 度開催されるヘイアンチョウ時代祭に飛び込みで参加し、おじゃる丸の父上や母上とも挨拶を交わした この石、すごくいい
ぼく
トミー
(とみー)
カズマのおじいちゃん 夫人のサリーを早くに亡くし、今は一人で暮らしている。心優しく、とにかく 子供たちが大好き。カラクリ人形を簡単に作れるほど器用で天才だが、時に余計な機能まで付けてしまい蛇足になることも。会話の特徴は英単語がよく出てくる こと。幼なじみのマイクたちと学生の頃から組んでいるバンドでは、クラリネットを担当している。そのため、60年ぶりに開けたタイムカプセルの中にはクラ リネットの楽譜が入っていた。ちなみに、カメ・トメから「永遠のアイドル」と慕われる存在でもある。本名はトミオ。現在、70歳。好奇心旺盛で、子鬼や カッパ、ツッキーのほか、月光町の歴史、月光草のおいしい料理法などの研究にも励んでいる。今でこそ料理もできるが、昔はリンゴの皮むきすらできなかった らしい これはソーリー
ぼく
パパ
(ぱぱうえ)
カズマのパパ 要するにトミーの子で、その割にはあまりにも不器用。性格はおっとりタイプ で、無駄な物でも捨てたがらない。ママとは月光大学のダンスサークルで知り合い、ママの19歳のバースデーダンスパーティーの日に、先輩であるマコトが 「結婚して下さい」と言って付き合い始めた。10年前の26歳の時に結婚。気持ち悪いくらいおしどり夫婦だが、ささいなことでケンカになることが多い。マ マの呼び方は「愛ちゃん」。本名は田村マコト。サラリーマンをしている。ちなみに、トミーと同様、編物は得意。現在、36歳。小学校の卒業アルバムには 「かっこいいおすもうさんになりたい」と記載。 ○○だぁねぇ
ぼく
ママ
(あいちゃん)
カズマのママ パパとは月光大学のダンスサークルで知り合い、19歳の誕生日の日から交際 スタート。10年前の22歳の時に結婚し、2年目にカズマを産んだ。気持ち悪いくらいおしどり夫婦だが、ささいなことでケンカになることが多い。ヤキモチ 焼き。パパの呼び方は「マコトさん」。基本的に主婦で、昼間はマンションのローンを返済するためにスーパー「はしもとや」でパートをしている。家には男性 ばかりなので、気が合うアカネをショッピングにさそったりしたこともある。マコトと同様、必要ない物でも捨てられないタイプ。本名は田村愛、旧姓はアオ キ。現在、32歳 わたし
小町ちゃん
(こまちちゃん)
カズマの同級生 手鏡が必需品のおしゃれ好きな女の子で、注目されるのが大好き。でも、性格 は熱しやすく冷めやすい。気に入ったものには何かと「ビバ!」を付けて言い、それをたびたび町中に広めている。虫(電ボも)が嫌い。家は「KOMACHI ヘアーサロン」を経営。月光町女の子クラブの代表で、会員ナンバー1番。一時期、オカメ姫とアカネを誘って、歌って踊る月光町初のアイドルトリオ”月光少 女組”を作ろうとしたことも。しかし、カズマ・アオベエ・石清水くんの”月光少年組”に先を越されて断念した。本名はオノコマチ。トレードマークは赤いリ ボンと髪の毛の3回転半ひねり。ケータイも所有。なお、自分の日記に感動し、それを公開して月光町のみんなにも感動してもらおうとしたが、字がヘタすぎた ため、月光町民からはおもしろい日記として広まってしまったことがある。例えば小町文字「しはしは」→解読「いよいよ」、小町文字「りりとんま」→解読 「いいてんき」、小町文字「おばとりジゴります」→解読「ありがとうございます」といったあんばい これからはもう○○の時代ね
ビバ!○○
小町は
金ちゃん
(きん)
カズマの同級生 1日1本と決められているほど、ペロペロキャンディをよくなめている男の 子。泣き虫で甘えん坊。カズマのマンションの屋上に、なぜか森や川もある大邸宅を構えて住んでいる。月夜ヶ池にいる謎の生き物・ツッキーがことのほかお気 に入り。曾おじいちゃんがツッキーをモデルに作ったぬいぐるみも持ち歩いていることが多く、触り心地がいいので抱き枕としても使われている。恐竜や金魚も 好き。本名はサカタキンタロウ ○○ですぅ
ぼく
アオベエ
(あおいの)
ヘイアンチョウからやってきた
エンマ大王の子分の子鬼
子鬼トリオのリーダーで、アカネ・キスケ思いの兄貴分。おじゃる丸からエン マ大王所有のシャクを取り返すための作戦を考えるのが主な役目だ。3人で作ったキグルミを着ておじゃる丸に近づくのはいいが、すぐに正体がバレてしまい、 結局は「今日のところはひとまず引きあげるでごんす」と叫んで敗走する。「聞いて驚け(キスケ)」「見て笑え(アオベエ)」「我ら閻魔大王様の一の子分 (アカネ)」と口上を述べて合体(組体操のようなもの)するのが決まりごと。その合体はおじゃる丸に初めて会った時、抑えきれない熱い気持ちが咄嗟にそう させたらしい。合体時の子鬼の並び順は、初めて月光町に来た時にアイス屋からもらった3段重ねアイスクリームの色の並び(縦)と、箱(車)を止めることに 感動した信号の色の並び(横)からインスピレーションを受けたようだ。一方で、シャクを取り返すのに一生懸命のわりには、していいことと悪いことを熟知 し、意外と物分りがよく、とても素直で、シャクを取り返しておじゃる丸と仲良くしたいという意志もある。子鬼トリオのテーマソングあり。トミー家の庭にテ ント(子鬼ハウス)を張って自炊生活。ちなみに、一時期、アオベエ・カズマ・石清水くんで月光町初のアイドルトリオ”月光少年組”を結成したこともある。 また、マイクから2代目のコーヒー仮面になってくれるよう依頼されたこともあるが、その時は断った。性格は、いつも張り切っているように見られるが、実は 物静かで、のんびりまったり好きらしい(本人談。現在、7歳。鬼らしく、豆が苦手 ○○でごんす
わし
アカネ
(あかいの)
ヘイアンチョウからやってきた
エンマ大王の子分の子鬼
いつも行動をともにしている子鬼トリオのアネゴ分で、時にはアオベエを戒め る存在。でも女の子にはかわりないので、月光町女の子クラブ(会員ナンバー3番)に参加したり、愛ちゃんとショッピングを楽しんだりすることもある。一時 期、小町ちゃんやオカメ姫に誘われて、月光少女組に参加したことも。自炊生活では主に料理(おいしいらしい)のほか、洗濯や掃除などを担当。現在、6歳。 鬼らしく、豆が苦手。子鬼トリオとしての特徴は「アオベエ」の欄を参照 ○○よ
あたい
キスケ
(きいろいの、ひよこ)
ヘイアンチョウからやってきた
エンマ大王の子分の子鬼
いつも行動をともにしている子鬼トリオの弟分。とても照れ屋さんで、誉めら れたり、触れられたりすることにかなり敏感。一方で、おじゃる丸から「ひよこ」「黄色いの」と呼ばれていつも怒っている。おじゃる丸と同じ5歳。人参は嫌 いだが、鬼なのに豆は平気。子鬼トリオとしての特徴は「アオベエ」の欄を参照 ○○ピー
おら
キーくん ヒヨコじゃないっピー
エンマ大王
(えんま)
ヘイアンチョウエンマ界の王 昔は一度に10人の亡き者の話を聞き、自ら的確に裁いていたが、いつしか有 能なシャクの裁きに頼るようになった。そのシャクをおじゃる丸に奪われ、裁きができずに困っている。シャクを取り返すために子鬼たちを動かしているが…。 お説教部屋で閻魔帳を使って亡き者たちに説教をするのも仕事。最後の決めセリフは「よいか!そなたに米1粒分でも人を思いやる気持ちがあったのなら、そな たも良い人生を送り、笑顔で天国に行け、相手もそなたに感謝して、そなたのように誰かを思いやる気持ちが生まれたであろう」らしいが、おじゃる丸にワンパ ターンでユーモアがないと突っ込まれ、呆然とした過去がある。奥さんには頭が上がらず、朝のゴミ出しを嫌々やっている。ウクレレの弾き手でもある。「♪あ 〜、やだな〜、朝のゴミ出しは〜」 ○○するぞよ
わし
オカメ姫 ヘイアンチョウからやってきた
貴族の女の子
親同士が認めたいいなずけのおじゃる丸にぞっこんで、その執着心は恐ろしい くらいすごい。いろいろな手段でおじゃる丸の気を引こうと努力するが、おじゃる丸がオカメ姫を毛嫌いしているため、まったく効果がない。おじゃる丸の心を とらえる小町ちゃんの技を学ぶために、小町ちゃんの家に住み込むことを決めた。月光町女の子クラブ会員ナンバー2番。一時期、小町ちゃんに誘われて月光少 女組に参加したことがある。ちなみに、オカメとおじゃるとの出会いは、父母に連れられてオカメがおじゃる宅を訪問した時のこと。1日に1個と決められてい た月見だんごをおじゃるがバカ食い。それを見ていたオカメに最後の1個をおじゃるが分け与えた。理由は2人で食べたのなら母上に怒られないというものだっ たが、オカメはその心遣いに感激して好きに… ○○してたもれ
おじゃるさま〜わがきみ〜
わらわ
電ボ子
(でんぼこ)
ヘイアンチョウからやってきた
電書ボタル
オカメ姫に仕える電ボ一族のホタル。とても気が強く、きっちりしていないと 気のすまない性格。見た目は電ボとほとんど区別がつかないが、ピンクのリボンとマツゲがある方が電ボ子。電ボとともに姿を現したことがないため、おじゃる 丸に電ボではないかといつも怪しまれている。性別は女で、月光町女の子クラブ会員ナンバー4番 わたくし
一二三 ヘイアンチョウに住む
電ボの幼馴染の電書ボタル
ヘイアンチョウで電ボの家の近所に住んでいたホタルで、電ボは一二三のオシ メを変えたこともある。一二三は電ボを「おにいちゃん」と慕うが、実際の妹ではない。それよりも電ボに恋するが、電ボはその気持ちに気づかない。完璧な一 六六・五より「おにいちゃんが一番好き」と想いつつも、今は一六六・五とお付き合いしている わたし
一六六・五 ヘイアンチョウに住む
一二三のボーイフレンド
「ひろむ・ごー」と読む。郷ひろみを意識した設定で、眉毛が太い。くるくる 回るのがクセ。ちょっと動きが派手だが、言葉遣いや態度からして好青年。顔、お尻の光の強さ、モノマネ、おにぎり作り…何をとっても電ボより優れ、欠点が 見当たらない ぼく
赤紫式部
(あかむらさき)
ヘイアンチョウに住む
おじゃる丸の家庭教師
普段はヘイアンチョウにいる家庭教師。おじゃる丸の勉強の進み具合を確認す るため、月光町へ何度か行こうとするも、「月の穴(エンマの涙岩)」に太った体(大きいお尻)が入らず、月光町に来れたためしがない。第13-27では三 段腹の2段目までは入ったが、結局、月の穴を通れず。その時、ダイエットを宣言し、次回への意気込みを示した  
ツッキー 月夜が池の主である
恐竜のような謎の生き物
当初はおじゃる丸の屋敷の池に住んでいて、その頃は体が小さかった。 1000年以上も生き続け、今では巨大な体になっている。性格はおっとり、顔はいつもニコニコ。お腹におじゃる丸が小さい頃に書いた「まろの」という文字 が残っている。一時期、おじゃる丸の提案で「おっきいものクラブ」を結成。会員ナンバー1番はツッキーで、2番は月光タワーだった。なお、まれに月夜が池 が凍ることがあり、その際には月夜が池の湖底とつながっている南の海の島でバカンスを楽しんでいる。10周年記念の拡大スペシャルではツキミ(おじゃるは 「あたまだんご」と呼んでいた)として登場。ちなみに、1010年に一度、脱皮をするとのこと  
カメ
(かめ)
月夜が池に住むミドリガメ いつも姉妹のトメと行動をともにしている。見た目はトメとあまり変わらない が、黄色いリボンと口のラインがVの字の方がカメ。1111年生きている年寄りだが気持ちは若くてかなりミーハー。トミーを永遠のアイドルと慕っており、 トミーに触れる”トミーさまタッチ”は若返りの秘訣とも。第11シリーズではトミー(おじゃる丸も)を月夜が池裏の竜宮城に連れて行ったことも…。甲羅に 必要なモノを隠し持っているのもポイント。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー5番(当初は4番。第11シリーズから再び4番、いや5番?お話によっ て異なるみたい)。いつしか月光町女の子クラブにも加入。実家は月夜が池の底にあるらしい。名字は亀田(カメダ) ごじゃりましゅる〜
それはナイシュなお考え
ステキな殿方にタッチ
わたし
トメ
(とめ)
月夜が池に住むミドリガメ いつも姉妹のカメと行動をともにしている。見た目はカメとあまり変わらない が、ピンク色のリボンと口のラインが逆Vの字の方がトメ。1112年生きている年寄りだが気持ちは若くてかなりミーハー。トミーを永遠のアイドルと慕って おり、トミーに触れる”トミーさまタッチ”は若返りの秘訣とも。第11シリーズではトミー(おじゃる丸も)を月夜が池裏の竜宮城に連れて行ったことも…。 甲羅に必要なモノを隠し持っているのもポイント。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー6番(当初は5番。第11シリーズから再び5番、いや6番?お話 によって異なるみたい)。いつしか月光町女の子クラブにも加入。実家は月夜が池の底にあるらしい。名字は亀田(カメダ) ごじゃりましゅる〜
それはナイシュなお考え
ステキな殿方にタッチ
わたし
オコリン坊
(おこぼう)
満願神社の狛犬 狛犬ツインズの弟思いの兄貴分で、ボロボロになった神社を再建するために、 賽銭集めを日課としている。性格はせっかちで怒りっぽい。笑うことはあまりないが、月光亭貧のすけ(貧ちゃん)の落語で笑ったことも。隠れた趣味は人形の 着せ替え。月光町ちっちゃいちっちゃいものクラブファンクラブの会長になったニコリン坊から、月光町ちっちゃいものクラブファンクラブの会長の座を一方的 に譲られ、グチこぼしを聞くのがつまらない本人は困惑している。また、時に月光町ちっちゃいちっちゃいものクラブファンクラブ会長(ニコリン坊)の応援団 にもなるらしい。夜などは神社の狛犬台の上で石化して過ごす おれ
ニコリン坊
(にこぼう)
満願神社の狛犬 狛犬ツインズの弟分。なぜか関西弁で話す。性格はおっとり。オコリン坊と同 様、賽銭を集めて神社の再建を夢見ている。おじゃる丸や電ボなど小さいものが大好きで、会員は自分一人だけという月光町ちっちゃいものクラブファンクラブ の会長をも務めている。長年、その会長をしてきたが、月光町ちっちゃいちっちゃいものクラブの存在を知るや、月光町ちっちゃいものクラブのファンクラブ会 長の座をオコリン坊に一方的に譲り、自らは月光町ちっちゃいちっちゃいものクラブのファンクラブ会長となった。夜などは神社の狛犬台の上で石化して過ごす わて
貧ちゃん
(びん)
満願神社に住む貧乏神 控えめな性格で、じめじめしたところやボロっちいところ、日陰などを特に好 む神様。貧乏神だけに、触れると元気ややる気を吸い取られてしまう。また、満願神社をボロっちくさせた原因とも言われる。嵐で満願神社が倒壊した際、ボ ロっちいままで生え変わらせた不思議なパワーの持ち主。趣味は裁縫。お風呂に入る儀式、はみがきをする儀式がそれぞれ年に1度ある。時々姿が巨大になった りして怖くなる。調子が悪いと金ピカに光り、無意識の中で他人のやる気をどんどんと吸い取っていく習性もある。分裂も可能。大金持ち神が嫌いな存在。大金 持ちの金パパが貧乏になりたいと満願神社に願ったため貧乏にしようと試みたが、そのパワーに負けて、逆に返り討ちにあったこともある。性別は一応男で、ワ ラシに恋をしたことも…。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー7番(当初は6番。でも、お話によって異なるみたい)だが、出席率が低い。なお、普通の 人間にはその姿が見えない。貧ちゃんの性質上、人間ではうすいさちよがお気に入り わたし
カタピー
(かたぴー)
俳人・小林茶と旅をする
カタツムリのピット
フランスからやってきたため、口調がフランス語なまりの旅カタツムリ。ロマ ンチストでキザでやや自分勝手だが、性格はおっとりで、決して嫌味な感じではない。性別は男で、結婚を前提にカタツムリのフランソワとお付き合いしてい る。フランソワとは月光町の町外れの大きな葉っぱの下で雨の日に出会った。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー4番(当初は3番。第11シリーズから 再び3番、いや4番?お話によって異なるみたい) ○○でぇす
トレビア〜ン
ウウィ
公ちゃん
(きみ)
冷徹斎のもとで働く
回転ハムスター占い師
冷徹斎の一番弟子で、回し車を回して恋占いをするハムスター。”北斗の公” とい う名の通り、背中に7つの星模様がある。見た目は素直そうだが、意外とわがまま。公ちゃんの言葉を理解できるのは、主に冷徹斎とちっちゃいもの仲間くら い。性別は女。月光町ちっちゃいものクラブ会員ナンバー3番(当初は2番。第11シリーズから再び2番、いや3番?お話によって異なるみたい)。いつしか 月光町女の子クラブにも加入。住まいは冷徹斎宅
冷徹斎
(れいてつ)
前世占いが得意な辻占い師 黙っ て座ればピタリと当たる前世占いの辻占い師。占い師になったきっかけ は、大学生の頃に入った占いサークル。タイプの女性がいたため入ったのだが、いざ告白しようとすると、別の男性と結婚した女性の未来が見えてしまい、告白 せずに諦めたというエピソードがある。金箔づくしの家に住む金持ちの長男だったが、親に反発し10年前に家を出て、月光町内で辻占い師として活動してい る。やや冷めた短気な性格だが、意外とやさしい面もある。35歳独身。名を冷徹斎星月(れいてつさいせいげつ)といい、本名はヒロフミ。一応、客商売ゆえ に身だしなみには注意しており、長髪に関しては毎日のシャンプー、週一のトリートメント、月一の散髪は欠かさない。散髪は「KOMACHIヘアーサロン」 を利用し、いつも毛先をそろえる程度のオーダー。なお、長髪にしたきっかけは、若かりし頃、憧れていた女の子が長髪好きだったから。たこウインナーが好 物。カレーもつぎたしカレーを自分で作るほど好きらしい。住まいは「54」のプレートがかかる団地風の集合住宅で、公ちゃんと一緒に暮らしている わたし
根津 一匹狼の旅ねずみ なぜか長靴(ブーツ)を履いている旅ねずみ。たまたま前を通りがかった辻占 いの公ちゃんに一目惚れ。そのまま公ちゃんに占ってもらうと、好きなものを1つ我慢すれば恋が叶うと言われ、好きな旅を封印し、しばらく月光町に留まるこ とにした。その後、ちっちゃいものクラブに入ろうと試みるも、おもしろいグチがこぼせずに不合格。のちに満月堂と出会い、公ちゃんと同じように回し車を回 して占うねずみとなった。公ちゃんから占いのコツを教えてもらって上達中。趣味は釣りや詩を作ること。尻尾でハートマークや星マークなどを作れるのが特技 おいら
○○だぜ
○○かい
♪シャバダシャバダドュビドュビ〜
満月堂 辻占い師 運に見放された男。地味で内気、前向きになれない性格も手伝って、上手いよ うに仕事が運ばない。月光町に流れ着いて悩んでいるところを根津に勇気付けられる。根津が仕事の協力を申し出ると、根津を回し車に乗せて恋占いをする商売 を始めた。いつしか冷徹斎のライバルに あたし
○○ですわ。
タナカヨシコ
(たなか)
骨董・タナカヨシコの店を経営 どうしようもない古いモノを売っているのが自慢の骨董店を営むおばあちゃ ん。他人には”社長”と呼ばせたがる。ワラシが居候するようになってから客が来過ぎて困っていて、客の来ない暇な日がとにかくうれしいという変わり者。そ のワラシも店にものを売りに来た家族連れとともに店を出て行った。なお、若い頃は世界中を飛び回り、各地で男性から愛されたモテモテの女の子だったらし い。しかも結構グラマー。マリーと幼なじみで、高校の時も同窓とのこと。その頃は”つむじ風のヨシコ”と呼ばれていたとか。ちなみに、第11シリーズまで ツッキーの存在を知らず、ツッキーを初めて見た時、「わたしゃ恐竜だけには弱いんだよ」と言って気絶した あたし
ワラシ 古い家に住み着く
妖怪の女の子
タナカヨシコが古いモノを仕入れに行った空家に住んでいたが、その後、妙に 気の合うタナカヨシコの店に住むようになった。性格はめちゃくちゃあまのじゃく。その代わりに居るだけで商売が繁盛する秘めたパワーがある。しばらくたっ て、月光町から引っ越すという素朴な4人家族が店にものを売りに来た時、ワラシはその家族が気に入ったのか、一緒に月光町を出て行った ○○だよ
マリー
(まりー)
4人の大家 月光町一の金持ちだった家に誕生。お嬢様として育てられたためプライドが高 く、気がとても強い。が、正義感が強かったりもする。今は瀟洒な洋館に1人で住んでいるが、意外とお金に困っているフシも…。家の中ではオウムのアケミが 唯一の話し相手。そのアケミを可愛く思うあまり、危険な外に出すのが心配で心配でしょうがない。屋敷の離れの4部屋をケンさん、乙女先生、うすいさちよ、 館長に貸している。若い頃、トミーに恋心を抱き、友人のサリーにトミーへのラブレターを託したが、トミーはサリーが好きだということに気付き、マリーは自 ら身を引いたという過去がある。本名はジュウモンジマリコ。まれにお紅茶仮面としても活動。タナカヨシコと幼なじみで、高校の時も同窓とのこと。その頃、 自転車に乗る姿から、”そよかぜのマリー”と呼ばれていたとか。マリー宅の敷地内には今は亡き父が特別に作らせたという世界に1つしかない花「いとしのマ リー」が植えられており、1年に1日だけピンクの美しい花を咲かせる わたくし
小林茶
(ちゃ)
俳人 月光町内を旅しながら俳句を詠むこと50年。今は友となった旅カタツムリの ピットとともに歩いている。俳句は、「はるのうみ ゆくやふたりの かげぼうし」「つゆぞらに まぶしきともの えがおかな」「なつのひに さそいこまれ し めいろかな」「あきのよの とおきいこくの ものがたり」「ふうせつや たびじんせいも これまでか」「ふうせつを ものともしない こどもたち」な ど、自分の状況や感情を表したものが多い。なお、ときどき日本茶仮面に変装し、月光町のゴミ拾いをコーヒー仮面と競っている。日本茶仮面が誰なのかは、月 光町の7割の住民が知っている。ちなみに、コーヒー仮面を初めて見たのは、月光町に来て間もない頃。その姿を見て、「はるのちょう やさしくつつむ ちゃいろかな」という句を残したという(謎  
マイク 喫茶一服のマスター 月光町唯一のコーヒー専門店として、この地に構えてウン十年。「一服ブレン ド」が自慢の喫茶一服(営業10時〜)は、月光町民の交流の場になることもしばしばだ。ここでのおじゃる丸は、ホットミルクを飲むのが定番。そんな喫茶一 服のマスターであるマイクは、ときどきコーヒー仮面に変装し、ゴミなどを拾い集めて月光町の美化にも努めている。一時は年老いたことを理由に、アオベエを 2代目に据えようとしたこともあるが断られた。なお、コーヒー仮面の正体については月光町の7割(第13S-55では「すべて」と)の住民が熟知。コー ヒー仮面のテーマソングもある。またマ イクは月光町の町会長であるほか、乙女先生を守るメンバーでもある。トミーの幼なじみで、昔からのジャズバンド仲間(ピアノ担当)。60年ぶりに開けたタ イプカプセルからは手作りの竹とんぼが出てきた。トミーと同様、好奇心旺盛で、何かと気になることが多い。本名?はイップク。現在、70歳。ちなみに、 ヒーローになりたかっ たマイクは、子供の頃、月から降ってきた衣装をまとってコーヒー仮面に…(謎。第13S-55ではおいしいコーヒーを探して世界中を旅しているというマイ クの兄(やや色黒)がコーヒー仮面の姿で登場  
サム トミーの友人 トミーの幼なじみで、昔からのバンド仲間(ギター担当、サックスもOK)。 絵を描くのがうまく、60年ぶりに開けたタイムカプセルからは色鉛筆が出てきた。マイクの店の常連で、仕事は医者。乙女先生を守るメンバー。ひょろひょろ とした体型の和服のハゲの老人。音楽を始めたきっかけは、歌声喫茶で花実さんの歌を聴いてから。当時、歌声喫茶に足繁く通ったサムは、あこがれの花実さん と本気で結婚したかったのだそう。月光町で久しぶりに花実さんと会い、サムのジャズバンド仲間の演奏で花実さんが歌を披露。その後、サムと花実さんは結婚 したという。現在、70歳  
エド トミーの友人 トミーの幼なじみで、昔からのバンド仲間(ドラム担当)。映画好きで、60 年ぶりに開けたタイムカプセルからは映画スター(ニヒルでワイルドな憧れの男性)の写真が出てきた。マイクの店の常連。乙女先生を守るメンバー。月1回、 喫茶いっぷくで開催される月光町座談会のメンバーでもある。ギザギザヘアと長方形の顔の老人。現在、70歳  
ピーター トミーの友人 半年に一度「感謝の日」を実施する月光湯の主人。トミーの幼なじみで、昔か らのバンド仲間(コントラバス担当)。スポーツ好きで、60年ぶりに開けたタイムカプセルからは野球帽が出てきた。マイクの店の常連。乙女先生を守るメン バー。大きな丸渕メガネが特徴の太っちょの老人。現在、70歳  
うすいさちよ
(うすい)
少女漫画家を目指す
貧乏女性
少女漫画で一発大ヒットを飛ばし、大金持ちを夢見ている28歳独身女性。し かし、描く漫画はホラー漫画のように怖い。下書きの段階では、きれいに描いているのだが…。普段の生活の慣れから濃い紅茶になじめず、好んで薄い紅茶を飲 んでいる。部屋に数回使ったティーバッグが干してあるのはそんな理由から。また、コーヒー仮面や日本茶仮面から依頼されて、うすい紅茶仮面になったことも ある。ちなみに、コーヒー仮面と初めて出会ったのは23歳の時だ。性格は思い込みが激しいタイプ。数ミリ髪をカットするといった些細なことでも、自分に とっては大事件と化す。天気が悪い日ほど気分がいい。実家の特製品である魚の小ぼね煎餅「小ぼねちゃん」が大好物。マリーの屋敷の離れに下宿中(左から1 室目)。暗〜いテーマソングあり わたし
館長さん
(かんちょう)
おばけ屋敷の館長 夏はおばけ屋敷の館長をし、冬は特に何もしていない。おばけは友達で、館長 には見たり話したりすることができる。愛用のマントを羽織れば、飛ぶことも可能だ。しゃべりはたんたんとしていて、あまり感情を表に出さない性格。ほかの 人を「キャー」「ワー」などとドキドキさせるのが好きな割に、”ドキドキ”がどんな感じなのか自分ではわからない。アルバイトの試験に来た明子がおばけを 怖がって館長の手にしがみついた時、初めてドキドキを理解した、というエピソードがある。完全な夜型。嫌いなものはニンニクとスイカ(の黒い種)。好きな 生き物に墨を塗って、形を紙に写し、それを集めるのが趣味。マリーの屋敷の離れに下宿中(左から4室目、第11シリーズでは紫の扉)  
乙女先生
(おとめせんせい)
バレエの先生 みんなのあこがれの的になっているおしとやかな女性。バレエ一筋で、たいて いクルクル回っている。年に一度バレエ発表会がある。その裏では大食い懸賞にトライし、いつも成功するという胃袋の持ち主…。相撲が好きで、セキノヤマと いう力士のファン。月1回、喫茶いっぷくで開催される月光町座談会のメンバー。マリーの屋敷の離れに下宿中(左から3室目、第11シリーズでは2室目でピ ンクの扉)  
ケンさん
(ふらふらのけん)
フリーター 自分探しのために次から次へと仕事先を変えているフリーター。その数は 378カ所(2003年12月1日現在)にも上る。いつか自分にぴったりの仕事を見つけたいと思っているが、今のところ長続きした例はない。かつて石を彫 る仕事をした際、魂のこもった作品を作ってその才能を認められたが、「汗かいて、叱られて、一人前になっていく、それがオレが求めている仕事なんです。楽 々彫れてしまう才能なんて、オレにとっちゃ迷惑なだけです…」という言葉を残し、その店を去っていった。ちなみに、初めてのバイト先は「そば処」。その店 をクビになった時、コーヒー仮面がアドバイスをしてくれたそうで、それがフリーターになったきっかけとも言われている(謎。性格は、いい加減な面がみられ る一方、義理堅かったり優しかったり男らしい部分もある。カズマの憧れの存在。泳ぎは下手。小さい頃の夢はプロ野球選手。マリーの屋敷の離れに下宿中(左 から2室目、第11シリーズでは3室目) おれ
カンブツさん
(かんぶつ)
「ひらき処」を経営 昆布・かんぴょう・鰹節など、干した食べものを売る店「ひらき処」(第10 シリーズでは「ひらきや」)の若き主人(三代目)。おじいちゃんから乾物について教わり、とにかく乾物をこよなく愛している。性格はあまりにも純粋なた め、悪気のなさや遠慮のなさが相手にダメージを与えることも…。特にうすいさちよに勘違いされることが多い。うすいさちよ宅の干したティーバッグに感激 し、1回使ったティーバッグ紅茶を月光町に広めようと努力したが、見事に失敗に終わったという過去もある。同様に、うすい宅でその芸術性に感激した”押し 月光ダケの色紙”でも似たようなことがあった。本名は「開干ェ門(ひらきほしえもん)」。マリーから敷地内に咲く花「いとしのマリー」をドライフラワーに して欲しいと頼まれたが、その美しさを目の当たりにし、自分にはこれ以上きれいにすることができないと判断して諦めたエピソードがある。また、幼い頃の話 だが、ニセ月光ダケを採ろうとしたカンブツさんを、コーヒー仮面が救ったことがあるらしい(謎 わたし
小心さん
(しょうしん)
月光町交番に勤める
おまわりさん
「人を見れば泥棒と思え」というおじいさんの遺言のもと、ついつい何でも 疑ってしまう小心者。月1回、喫茶いっぷくで開催される月光町座談会のメンバー ○○であります。
月光町は今日も平和であります。
本官
本田一直
(ほんだ)
カズマのクラス担任 カズマ、小町ちゃん、金ちゃん、石清水くんのクラス担任を務める月光小学校 の先生。曲ったことが大嫌いな熱血漢。好きな言葉は「一生懸命」。元陸上部で、天気が良ければ、たいてい体を動かしたり走ったりしている。最近、ルームラ ンナーを購入し、「一直2号」と名付けて雨の日などに使用中。奥さんの朝ちゃんとはジョギング中に出会ったのが始まりで、今もなお、愛する想いは強烈だ。 ケンさんの先輩でもある。ちなみに体操選手並みの鉄棒技はできるが、逆上がりはできない 俺は今、猛烈に感動している〜!

本田朝子 本田一直の奥さん 月光町の新聞配達店の子供として誕生。好きなジョギングをしつつ、若い頃か ら新聞配達を手伝っている。一直とのナレソメは、朝子がジョギング配達中、後ろから走ってきた一直に追い抜かされ、負けたくない朝子は逆に抜き返そうとし て、やがて競争に。そんな日が何日も続いて、気が付いたら結婚していたという。一直の好きなところは、元気で、早起きで、走るのが好きなこと。一直と結婚 したあとも、新聞配達は続けている  
石清水くん
(いしあたま)
カズマの同級生 カズマのクラスでクラス委員(第12S-21でクラス副委員長に降格したは ずだが、第14S-31ではクラス委員と言っている。詳細不明) を務めている男の子。曲がったこと、正しくないことが大嫌い。いつもせかせかしていて、融通の利かない堅物。他人に指摘されたそれらのことに悩み、直そう と努力するが…。金魚鉢で飼っている金魚の金ちゃん28号とは心が通じ、勉強の合間に語りかけたり微笑みかけたりしている。また金ちゃん28号は元々金 ちゃん宅に住んでいた金魚のため、月に1回、里帰りと称して金ちゃん28号を金ちゃん宅に連れて行っている。石清水の名前はケンタロウ。きっちり好きゆえ に、三角定規をコレクションしている。なお、父親の職業はタクシードライバー。一時期、カズマ・アオベエと月光町初のアイドルトリオ”月光少年組”を結成 したこともある。また、コーヒー仮面の正体を知らない数少ない人物で、コーヒー仮面を”師匠”とか”永遠のアイドル”などと言っている。ちなみに、月光町 で年に一度開催されている”うそつかなきゃいけないデー”では、悩みに悩んだ挙句、「1+1=3」と言って、ひんしゅく を買った。第14S-31では探偵小説の主人公に憧れ、名探偵と名乗り、月光町で起きた謎をいくつか解決した ぼく
川上さん
(かわかみ)
平凡な人生を送る
サラリーマン
気弱な性格で、男らしい演歌歌手に憧れている。エキストラ的に通行人などで 登場することが多い。「月商事」という会社で働くサラリーマンをしているが、いつも遅刻ギリギリの出勤で、バスに乗り遅れそうになることもしばしば。なぜ か欽ちゃん走り…。カ レー好きであることは月光町内でも有名な話で、作り方などにもかなりのこだわりをもつ。また、引越も好きで、これまでに月光町内を引っ越すこと13回。引 越に関しては妙に仕切りたがり、その 引越の際には満願神社へお参りするのが恒例になっている。賽銭はお金の代わりに余った服のボタンだけど…。月1回、喫茶いっぷくで開催される月光町座談会 のメンバー。月光町内会の役員もしている。なお、冷徹斎の占いによれば、川上の前世はラクダに乗ったアラブの王子らしい。また、懸賞でアンパン1年分を当 てた時、賞味期限内に何とかしようと、アンパン仮面に扮して月光町民に配りまくったこともある  
ウクレレさん ウクレレ弾き 場面転換の時、「♪ちゃらん」とウクレレを弾く(両利き)のが主な役目で、 滅多にしゃべることはない。本名はスズキ。月に1回は美容院に行っているという噂あり。月1回、喫茶いっぷくで開催される月光町座談会のメンバー  
押野一手 流しの腹話術実演販売員 腹話術人形の「ウッくん(ウルオ)」を操りながら、いろんな街で商品を売っ ているおじちゃん。ウッくんを人間だと思っているおじゃる丸の心に配慮し、人形だとバレないように必死に努力している。おじゃる丸にウッくんの家族に会い たいといわれ、左手にウッくん、右手にウッくんの母、自分が父親と名のったことも…。ちなみに、おじゃる丸がウッくんを人間だと思っていることは、オカメ 姫・パパ・ママ・カズマは知っている。のちに、牛の「モーくん(モウケル)」や、ウッくんの弟で体がひと回り小さい「オッくん」も登場 おれ
多山さん
(たざん)
陶芸家 月光町の山奥に住み、多山焼なるものの制作に励んでいる陶芸家。いつも3匹 のサルを従え、「ア”−」というおたけびを上げながら、ターザンのように木から木へ移動する。視力は抜群。性格は大の恥ずかしがりやさん。トミーと親し く、時々山を下りて会っている ○○なのじゃ
わたし
星野
(ほしの)
星野パパの子 ときどき円盤に乗ってやってくる異星人の男の子。言葉数が少なく、何かを指 摘 されるとすぐに涙目になる。パパやママより洞察力があり、しっかりしている感じ。珍しいモノを集めるのが好きで、物をつかんだり拾ったりするための道具を いつも持ち歩いている。川原の普通の小石を拾っていて同類のカズマと友達になったが、星野にとっては小石は自分たちの食材で、地球の小石は硬くて最高なの だとか。おじゃる丸の呼び方は”おじゃるまーる”。チョンマゲは1本で、取り外しできる  
星野パパ
(ちちほしの)
地球征服をもくろむ異星人 宇宙一の星持ちという異星人で、地球にもときどき円盤に乗ってやってくる。 過去に手に入れた星は戦ってゲットしたり、パパが”くれ”と言ってもらったりしたとか(第12S-8では無人の星だったというセリフもあり)。勘違いの積 み重ねでおじゃる丸を地球の王だと思い込み、おじゃる丸に”地球が欲しい”と言いたいが、なかなか言い出せないでいる。と同時に、おじゃる丸を少し怖がっ ている。思考がスロー、しゃべりもスロー。決断力がなく、自分の意見を面と向かって他人に言えない。ママとは結婚して10年、意外と家族愛に満ちている。 だが、息子と同じく、悲しくなるとすぐ涙目に…。おじゃる丸の呼び方は”おじゃまーる”で、星野に間違いをたびたび指摘されている。チョンマゲは1本で、 取り外しできるほか、右に回すと短くなる。ちなみにヒゲはペンで書いている様子。第13S-36では喫茶いっぷくで同窓会を開催し、星野パパと同じ姿の異 星人が何人も集まったというエピソードも。  
かなえ 皆の願いを叶える流れ星 人を小バカにしたような態度で、いつもダレた口調。文句を言いつつも、要求 には応えてくれるが、願い事を叶えるかどうかの判断に関しては厳しい。一応、かなえが植え込み(台座)から植え込み(台座)へと移動する間に願い事を3回 言えれば、願いを叶えてくれるという仕組み。叶えられる願いは原則として1日1つだけ。初めて願いを叶えられたのは貧ちゃんで、その願いとは満願神社に貧 ちゃん銅像を建立することだった。溺愛する妹のたまえに対しては過剰に甘い。また、兄ののぞみとも仲がいい。意外と地味なものが好きらしい。なお、おだて には弱い。プリンを知らなかった ため、おじゃる丸の家まで食べに来たこともあるが、自分がお願いする場合は甘え、ゴネ、そして強引に奪う。 別にいいけど、好き好きだから
ぼく