ダイヤモンドのように


ミリオンセラーを記録しても数年経てば輝きうせる、悲しき現代J-pops
そんな中、永遠に輝く、記憶に残したい曲を紹介するのがこのコーナー
掲載曲はオリコンチャートで20位程度に入ったことを基準に選びました
チョイスするのは「あ」なので、やや偏りがあることはお許しください(^^;


 
壊れかけのRadio」……徳永英明/1990年07月07日(S)/5位

 ♪「少年時代」……井上陽水/1990年09月21日(S)/4位

 ♪「風になりたい」……THE BOOM/1995年03月24日(S)/19位

 チェリー」……スピッツ/1996年04月10日(S)/1位

 One more time ,One more chance」……山崎まさよし/1997年01月22日(S)/18位

 ♪「Hello Another Way -それぞれの場所-」……the brilliant green/2000年05月31日(S)/8位 

 天体観測」……BUMP OF CHICKEN/2001年03月14日(S)/3位

 奏(かなで)」……スキマスイッチ/2004年03月10日(S)/22位

 全力少年」……スキマスイッチ/2005年04月20日(S)/3位

 ♪「たしかなこと」……小田和正/2005年05月25日(S)/8位

 
※「♪」印のリンクは「YouTube」に公式に掲載された当該曲のページへジャンプします
 ※「曲名」のリンクは歌詞検索サイト「J-Lyric.net」の当該曲歌詞紹介欄へジャンプします
 ※現在、公式サイトがあるミュージシャンのみ、ミュージシャン名からリンクしています
 ※年月日はシングル(S)またはアルバム(A)の発売日です
 ※順位はオリコンシングルチャート最高位(週間)で、「――」はアルバム収録曲を表しています